一般社団法人E.CオーシャンズのHPができました。

誰かがリスクを覚悟で飛び出さなければ、前に進めないから!飛び出しています。(笑)応援は自由です。 秘境の浜辺の漂着ゴミ拾いなんて( リヤス式海岸の小さな浜辺上陸など )船にとってリスクだらけです。

団体の概要

【海のプラスチック問題】に立ち向かう日本社会の確立を目指す団体だ。
E,Cオーシャンズは、船でも簡単には接岸できない危険な浜辺、陸の孤島や無人島の浜辺に、大量に集まった漂着ゴミを拾っている。マイクロプラスチック、マイクロビーズになる前に拾う事で、人工物の自然環境負荷の軽減をめざしている。代表理事も船長であり海を愛する専門家が集まった。

陸から辿りつけない浜辺や無人島の漂着ゴミは、人に知られる事なく何十年も放置され蓄積されてきた。それは想像を絶するものであり、この悲惨な現状に気づいたE,Cオーシャンズは、船を駆使してこのような場所のプラスチックゴミ問題に取り組む事業を行なっている。 これらの漂着ゴミや海底ゴミを調査して海のプラスチック問題の啓発活動を行い、行政や地域団体、学校、企業と連携しながら活動を行なっている。 海のプラスチック問題を通して、地球規模の持続可能な資源利用方法を模索すると同時に、何より美しい海を未来へと受け渡す。漂着ゴミ拾いを全国展開する組織の確立を目指す。

安全対策が最重要課題だ。危険な隠れ岩礁をすり抜けて安全に上陸する技術開発、安全装備の開発、船舶の安全装置の開発や、船本体が上陸でき漂着ゴミも積める船舶の開発製造など、マリン業界や企業団体の応援もうけながら【チーム日本・E,Cオーシャンズ】の確立を目指す。

“一般社団法人E.CオーシャンズのHPができました。” への3件の返信

  1. 待ってました。こんな人を、ずっとずっと前から。とても嬉しいです。自分からは釣りに行った所のゴミを玉に拾って帰る事ぐらいしか出来ない。
    この活動を全国に拡げ、しいては世界へと拡がって欲しい。
    気を付けて頑張って下さい。

  2. 山陽新聞の記事を読みました。先祖の墓が瀬戸内海の島にあります。
    夏に海水浴に行ってた頃は美しい海岸でしたが、段々ごみの漂着が
    気になっていました。生前父は夏に訪れていた島の漂着ごみを拾って燃やしたりしてました。
    美しい瀬戸内海を守るという、素晴らしい活動と思います。
    応援してます。

    1. はい。ありがとうございます。本日より返信開始です。とっても遅くてごめんなさい。
      返信が遅いのは、海で忙しく働いているから!・・・・引き続きE,Cオーシャンズの応援をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です